学校沿革

明治(1891年 - 1912年)

明治24年11月(1891年) 古賀喜三郎私財を投じて麹町区元園町2丁目4番地 (現、千代田区麹町3丁目8の3)に海軍予備校を創立
明治30年 3月(1897年) 麹町区八重洲町2丁目1番地(現、千代田区丸の内2丁目1)に移転
明治32年 5月(1899年) 麹町区霞ヶ関町2丁目1番地(現、千代田区霞ヶ関1丁目2の2)に移転
改正中学校令により、日比谷中学校を併設
明治33年 4月(1900年) 海軍予備校を海城学校と改称
明治39年 3月(1906年) 日比谷中学校閉鎖 海城中学校発足

大正(1912年 - 1926年)

大正 3年12月(1914年) 理事長兼校長 古賀喜三郎 没 吉見乾海 理事長兼校長に就任
大正 4年 4月(1915年) 七つボタンの制服を改めジャバラにホックの新制服を定める

昭和(1926年 - 1989年)

昭和 2年 3月(1927年) 豊多摩郡大久保町(現在の地)に移転
昭和17年11月(1942年) 島祐吉 理事長兼校長に就任
昭和20年10月(1945年) 八坂雅二理事長、川崎武親 校長に就任
昭和21年 8月(1946年) 清水岬 校長に就任
昭和22年 1月(1947年) 校章改定(現在の校章誕生)
昭和22年 2月(1947年) 松本昇 理事長に就任
昭和22年 4月(1947年) 新制 海城中学校発足
昭和23年 3月(1948年) 新制 海城高等学校発足
昭和23年 6月(1948年) 天野敬一 理事長に就任
昭和37年 1月(1962年) 福岡高 校長に就任
昭和40年10月(1965年) 池城安伴 校長に就任
昭和41年 7月(1966年) 古賀博 理事長に就任
昭和49年11月(1974年) 伊藤太一郎 校長に就任
昭和62年 4月(1987年) 奥山稔 校長に就任

平成(1989年 - 現在)

平成元年 3月(1989年) 2号館(旧本館)建替工事 竣工
平成元年 6月(1989年) 古賀博 学園長に就任 古賀喜博 理事長に就任
平成 2年 9月(1990年) 体育館・柔道場・剣道場・プール・部室 竣工
平成 3年 9月(1991年) 食堂棟 新築工事 竣工
平成 3年11月(1991年) 創立100周年記念式典挙行
平成 4年 4月(1992年) 小川嘉一郎 校長に就任
平成14年 1月(2002年) 学園長 古賀博 没
平成14年 4月(2002年) 和田征士 校長に就任
平成20年 4月(2008年) 水谷弘 校長に就任
平成23年 4月(2011年) 高校募集を停止し、完全中高一貫化
平成27年 4月(2015年) 柴田澄雄 校長に就任
平成27年 9月(2015年) 人工芝グラウンド竣工