理事長・校長挨拶

海城学園は、地球社会に有為なリーダー
「新しい紳士」を育成します。

理事長 古賀喜博

理事長 古賀喜博

創立者古賀喜三郎(1845-1914) は、幕末から明治維新へ、そして19世紀から20世紀へと変革の時代を駆け抜けた人物でした。

佐賀藩の若き軍人として活躍していましたが、文久4年20歳の時、藩の修習生として長崎に来航していた英国軍鑑に派遣され、英国海軍士官からの教育を受ける機会を得ました。また明治13年36歳の時には北米への遠洋航海に従事し渡米、我が国と米国の圧倒的な国力の差を、身をもって体験しました。

このような経験から世界に自が開かれ、多くの人々が藩という意識のまだ強い時代に、国家としての日本を意識しました。そして、我が国が世界の国々の中で発展してゆくためには、優秀な人材を育成することこそが急務だと考え、海軍を退役して海城学園の前身である海軍予備校を設立しました。

創立者は藩を超えて国家を意識しましたが、今21世紀を生きる我々は、国家を超えて地球を意識しなければなりません。将来解決すべき課題は、国家の枠を超えて地球規模の広がりをみせているからです。地球上に存在するあらゆる生物が、将来にわたって安心安全に生存するための準備は、今から始めなければなりません。
では、我々は今何をするべきなのでしょうか。

海城学園は、時代や他者に流されるのではなく、自分で考え、自分で判断し行動する人問、すなわち安心して未来の地球を託せる人材を育成します。

それが海城の教育の目的「新しい紳士」の育成です。
「フェアーな精神」で物事を判断し、「思いやりの心」で人に接する。
「民主主義を守る意思」を強く持ち、「明確に意思を伝える能力」に溢れている。
人間としての品格を身につけた、未来の地球のリーダーです。

海城を巣立った「新しい紳士」達が地球社会で活躍するとき、未来の地球は希望に満ちた星として輝いていると確信します。

海城学園は、創立者の精神を日々進化させながら、将来にわたって脈々と受け継いでまいります。

新しい挑戦、世界は君たちを待っている。

校長 柴田澄雄

校長 柴田澄雄

『本校の建学の精神とビジョンは「国家社会に有為な人材を育成する」です。』
1891年、創立者古賀喜三郎先生は、開校式においてこう強調されました。

これを具現化したのが「リベラルな人間教育」と「個性ある学力の育成」に立脚する「新しい紳士」の育成です。それは「確かな学力を身につける」とともに、人間として「公正、正義」を義とし、自立した人材を育成することにあります。古賀喜三郎先生が外国文化に啓発され、未知なるものを積極的に取り入れようとしたその外向き志向の挑戦的精神は、今の海城の教育にもしっかりと引き継がれています。私たちは、生徒一人ひとりの個性を磨き、持てる力を大きく伸ばし、地球的規模でものごとを考える力を持ち、国際的に行動できる人間を育てていきます。

グローバル化が進み価値観が多様化している現代社会にあって、「真のリーダー」として強く求められる資質は、「新しい人間力」と「新しい学力」です。これは時代の変化に応じた新しさです。それは伝統と新しさのハーモニーです。主役は君たちです。学校の教職員の皆が君たちの生活や成長そして将来を第一義に考えています。中高一貫の教育体制の利点を生かし、挑戦する勇気と失敗にもくじけないたくましさを持つ、打たれ強い人材を育成します。

海城には70以上の運動部・文化部・同好会があります。6年間の学校生活を通して、親しい友人を作り、共に勉学・クラブ活動・生徒会に励んでいくことは、一生涯の宝になると考えています。教職員、先輩、同期生、後輩を交えた学生仲間から作りだされる濃密な人間関係は一つの家族となり、その中で全員が仲間意識を強く育て培っていきます。個性的な先生に是非近づいて、話を聞いてください。目を輝かせて話してくれます。

海城では「課題設定・解決能力」を養うために生徒参加型授業を積極的に導入しています。「社会科総合学習」では問題解決型の能力を身に付けるために、自らテーマを設定し、直接現場に出向き、アクティブに行動します。正解のない問題に主体的に取り組むことによって、自分とは違う意見を持つ他者に対する寛容性や調整能力を養うのです。自分でじっくり考え、先生や友達とコミュニケーションを取りながら、粘り強く自分の力で論理的な思考展開し、結論に導いていくのです。

海城の全学校生活を通して勉強する喜びを自分の力で開拓し、見つけ出すことが大事です。これからの社会では自分の夢を持ちながら、挑戦する勇気が求められます。私は自分の世界が広がっていく感覚を海城の学校生活を通して是非経験してもらいたいと思います。

「THE WORLD IS WAITING FOR YOU!」